ハーブの解説 ローズマリー

  • 特徴
  • 形態、花の色などが違っても、全てRosmarinus officinailsがもとです。立性(高さ1〜2mくらい)の品種と、匍匐性(高さ30~60cm)の品種があります。多年生の常緑低木で、枝は木質化し、細く固い葉が対生します。葉の裏側は綿毛で覆われています。
    花は小さく、薄い水色、青色、紫色、桃色、白色などがあります。一般に寒冷地では、保護が必要です。立性の方が、少し強いようです。
     
     

  • 利用法
  • 料理
    花はそのまま、料理やデザートに飾ります。葉には酸化防止作用があるので、肉や魚の保存に利用します。肉、魚、ジャガイモ料理の風味づけに使います。茎はバーベキューの串にします。新鮮な枝にオリーブオイルをつけて、肉の表面に塗りながら焼きます。スコーンやビスケットに、葉を刻んで入れます。葉、枝を入れてビネガーやオイルを作ります。

    お茶
    風邪をひいた時や、元気の無い時に効果があります。

    健康
    強壮、刺激、収れん、利尿、駆風、鎮痛、通経作用があります。ハーブバスは血行を良くします。

    美容
    フェイシャルサウナは、肌をひきしめます。ハーブウォーターやハンガリーウォーターは、肌を若返らせ、関節の痛みを和らげます。

    クラフト
    新鮮な枝で、リースを作ります。

    精油
    薬用種の葉からとった精油は、苦味のある森林調の香りです。育つ場所によって、含まれる芳香成分が変わります。シオネール分の多い精油は、抗カタル、去痰、強壮作用などがあります。

    ガーデン
    立性、匍匐性とも、香りと共に庭に爽やかな場を作ります。
     
     

  • 栽培法
  • 場所
    日あたりと水はけのよいところを好みます。冬に気温が氷点下にならないところが理想です。


    少し、石灰質を含んだ土を好みます。

    種まき
    原種のみ春に箱播きをします。新しい種は発芽がよいようです。

    挿し木
    晩春に、新しい茎を挿し木にします。

    収穫
    いつでも摘みます。一度に刈りこむことはしません。

    保存
    乾燥します。

    [ハーブの図鑑/池田書店/著:萩尾エリ子 より]



    8月4日(土)18:30~ キッコリーズ・井波陽子 LIVE♪
    (終了しました)
    こぐま座特製ベビードール
    文化人形ベビードール
    masaya_live2016
    7/15(金)18:00- ココロつなぐヤイコ・シ・ラム・スイエ
    アフリカ太鼓LIVE ベノワミロゴ&大西匡哉
    2016 春の長沼周辺案内
    2016 春の長沼周辺案内