7/15(金)18:00- ココロつなぐヤイコ・シ・ラム・スイエ
アフリカ太鼓LIVE ベノワミロゴ&大西匡哉

ココロつなぐヤイコ・シ・ラム・スイエ
最高のアフリカ太鼓LIVE ベノワミロゴ&大西匡哉

ブルキナファソ 太鼓 大西匡哉 ベノワ ミロゴ こぐま座LIVE 2016

西アフリカのブルキナファソからやってくる!
このメンバー、このクオリティのライブが聞けることはそうそうありません。
ぜひいらしてください♪

【場所】こぐま座(夕張郡長沼町東2線北9)
【時間】 OPEN 18:00  START 18:30
【料金】2000円(別途1drinkオーダー)
【問合せ】0123-88-1765(こぐま座)

【演奏者】

◯ベノワ・ミロゴ◯(Benoit Milliogo)
ブルキナファソ出身

アフリカ太鼓奏者。グリオの家系に生まれ、5歳の頃からタマニを独学で学び始める。ジェンベはもちろん、ドゥンドゥン、バラフォン、コラ等あらゆる伝統楽器を奏でるマルチプレーヤー。自身にとって音楽とは人、モノ、自然、すべての対象と繋ぎ、心通い合わさせてくれるもの。

◯大西匡哉◯
日本人。
ケニア伝統太鼓「ンゴマ」奏者。映像作家。

ストリートミュージシャン、ジャムロックバンド「らぞく」、打楽器グループ「楽」「ブルケンゲ」で活躍。
その後、2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となった。

2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。

 

【ブルキナファソとは?】
西アフリカの国。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国。首都はワガドゥグー。 第二次世界大戦後、1960年にオートボルタ共和国として独立。



thyme2
ハーブ解説 タイム
栗山 小林酒造 小林家 まる田
栗山 カフェ・ギャラリー 【小林家 まる田 本宅】
こぐま座の7月イベント
7月のイベント
RINKA アルバム
3月24日(日) 早春のアイリッシュ音楽LIVE
RINKA(小松崎操・星直樹)、中原ナオヒコ
(終了しました)