ハーブ解説 ミント

スペアミント

  • 特徴
  • 約30種がありますが、交雑種も多く、種名の特定が難しいものがあります。ほとんどは根茎で繁殖します。楕円形か卵形の鋸歯緑を持つ葉を対生します。藤色から薄紫色の花を穂状に咲かせるか、輪生します。ベースに、ミント独特の清涼感のある香りが、どの種にも感じられます。強健種が多く、どこでも育ちます。

  • 利用法
  • 料理

    葉は羊料理・肉料理に風海をつけたり、ソースに利用します。新鮮な葉や花は、冷たい飲み物、サラダなどに用います。アイスクリーム、ゼリー、ババロアなどのデザートに利用します。シロップを作ります。

    お茶
    さっぱりと飲みやすく、元気が出ます。頭痛や胃の不調もすっきりします。他のハーブともブレンドしやすく、美味しくなります。

    健康
    強壮、消化促進、鎮痛、発汗、殺菌作用などがあります。鼻づまりには、新鮮な葉の蒸気を吸入します。浸出油を作って肩こり、筋肉痛のマッサージに利用します。無水エタノールに葉を浸して、抗菌スプレーを作ります。薬用効果の高いものは、スペアミント、ペパーミントです。

    クラフト
    匂い袋やポプリの材料にします。ペニーロイヤルは、アリを防ぐ効果があります。ペパーミントはネズミを寄せつけません。

    染色
    たくさん収穫できるものは、全草を使います。種類が混ざっても構いません。黄色から緑色の染料となります。

    精油
    ペパーミント、スペアミント、ベルガモットミントから精油をとります。強壮、刺激、抗菌作用などがあります。

    園芸
    爽やかな香りを、庭に与えてくれます。根茎で殖えすぎるものは、プランターや大きな鉢のまま、地中に埋め、時々はランナーを整理します。

     

    スペアミント

  • 栽培法
  • 場所
    半日陰を好みますが、日向でも育ちます。


    水はけがよく、湿り気があり肥沃で、アルカリ性の土を好みます。

    種まき
    春に箱播きします。

    株分け
    春か秋に株分けします。

    挿し木
    若い枝を挿します。

    収穫
    葉はいつでも摘みます。花が咲いたら全草を刈ります。

    保存
    乾燥します。

    [ハーブの図鑑/池田書店/著:萩尾エリ子 より]



    masaya_live2016
    7/15(金)18:00- ココロつなぐヤイコ・シ・ラム・スイエ
    アフリカ太鼓LIVE ベノワミロゴ&大西匡哉
    イベント情報
    5月のイベント情報
    朴保2014_976
    【終了しました】6月20日(金)18:30 朴保(パクポー)・矢野敏広 LIVE
    sage-s
    ハーブの解説 セージ